みんなの投稿でつくる、楽しいを探すWebマガジン

    鏡開き

    2015.01.11

    正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事。
    武家社会の風習だったものが一般化した。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手や木鎚で割ったり、砕いたりする。また、「切る」という言葉をさけて、「開く」という縁起の良い言葉を使っている。
    地方によって日が違い、京都では4日に、ほかに20日に行う地方もある。

    いいね!と思ったらシェアしてね♪
    関連のあるおすすめ記事