みんなの投稿でつくる、楽しいを探すWebマガジン

icon

元旦から谷中七福神に行ってきた♪

2015.01.02

早くも2015年、二度目の登場!! FUNDULE編集部クアラです!!
改めまして、今年もよろしくお願いします。

ぼくは今回、元旦から七福神巡りに参加してきました~。

新年早々、初詣もかねて今年は七福神巡りをしてみようかなーって、実は年末に思って早速実行したしだいです。もちろん初経験!!

でも行ってみてよかったよー。すごい、楽しかった。今年の目標は、とにかくいろんなことにチャレンジ!! その第1弾を元旦から実行してみました(笑)。

というわけで、年の初めの七福神巡りレポートです。


ぼくが今回巡ってきたのは「谷中七福神巡り」です。

谷中七福神巡りは、毎年1月1日から10日まで開催される、江戸最古の七福神巡り

場所は、谷中を中心に、北区、荒川区、そして台東区の三区にまたがる所用時間1時間半~2時間弱で巡れる七福神巡りです。江戸時代中期に始まったとされる、由緒ある巡礼スポットです。

巡礼の順番は、福禄寿を祀る北区田端の東覚寺か、弁財天を祀る上野不忍池弁天堂のどちらかを起点に、南下、または北上するコースになります。

ぼくは、北区田端の東覚寺からスタートすることにしました。
さすが江戸最古!! JR田端駅構内に、こんなコーナーがありました。

七福神_00_01
東覚寺までのルートに自信がない人は、ここでぜひマップをもらっておきましょう。

七福神_00_02

田端駅からマップ通りにまっすぐ来れば、曲がる場所は看板でわかります!!

七福神_01_01_01

あったー!! ひと安心です。

福禄寿 東覚寺

住所:東京都北区田端2-7-3

ya01_01

福禄寿を祀る真言宗豊山派東覚寺は、延徳3年(1491)源雅和尚が神田筋違に創建、根岸への移転を経て、慶長年間に現在の地へ移転したと伝えられているお寺さんです。
福禄寿のご利益は、「人望」

というわけで、早速お参りしたいと思います。

七福神_01_02_01

ここは北からのスタート地点だから、やっぱり混んでますね。

七福神_01_03

東覚寺では、御朱印を押してもらう七福神巡り用の和紙の台紙を販売しています。価格は、1200円。ちなみに台紙は南のスタート地点不忍池弁天堂でも購入可能です。

七福神_01_04

台紙を購入すると、すでに東覚寺福禄寿の御朱印は押印済みです。さぁ、順番に押していきますよ~。ワクワク。

ちなみに台紙と同時に、七福神巡りのわかりやすいマップももらえるので、こちらもぜひ活用してくださいね。

七福神_01_05

では、次のお寺を目指して歩きます!!

七福神_02_01

あたりは七福神巡りをしている人がたくさんいるので、なんとなく人のあとを着いていくと意外に簡単。さっきもらったマップも役に立ちますし。

七福神_02_02

ほら、着きましたよ!!

恵比寿 青雲寺

住所:東京都荒川区西日暮里3-6-4

ya01_01

恵比寿を祀る臨済宗妙心寺派青雲寺は、江戸時代より花見寺として親しまれている庭が素敵なお寺。滝沢馬琴の筆塚碑、硯塚の碑もあります。恵比寿のご利益は「正直」

七福神_02_03

ここもまずまずの参拝客。みなさん、七福神巡りのお客さんですね。

七福神_02_04

恵比寿さんの御朱印ももらってきました!! ちなみに各お寺で御朱印を押印してもらう際に200円かかりますので、あらかじめ小銭を用意しておきましょうね。。

七福神_02_05

さ、次に行きますよ!!

七福神_03_01

青雲寺修性院は、もう本当に目と鼻の先。
修性院の塀には布袋様がたくさん描かれていますので、すぐにわかります。

布袋尊 修性院

住所:東京都荒川区西日暮里3-7-12

ya01_01

布袋尊を祀る日蓮宗寺院の修性院は、天正元年(1573)豊島郡田中村に創建、寛文3年(1663)当地に移転と伝えられています。隣の青雲寺とともに花見寺として親しまれています。布袋尊のご利益は「大量」

七福神_03_02

本堂の中で、御朱印をいただきます。本堂には、大きな布袋様も鎮座まします。

七福神_03_03

さぁ、順調、順調。ここまで所用時間30分ぐらいです。
この先は、若干、道がこみ入ってますので、よーく曲がるポイントの目印をチェックしておきましょうね。

七福神_04_01

なお、ここで谷中の有名スポット「谷中ぎんざ」を経由します。
メンチコロッケやお茶、たい焼き等々、おいしいものがたくさんあるので、ここで休憩もいいかも。
でもぼくは、なんだか天候が怪しくなってきたので、ここは急ぎました。残念(T_T)。

谷中ぎんざを経由すること数分。次の長安寺が見えてきました。

寿老人 長安寺

住所:東京都台東区谷中5-2-22

ya04

寿老人を祀る長安寺は、老山和尚禅師(享保9年1724年寂)が開山、長安軒として安藤右京亮屋敷内に創建、正徳2年(1712)大道山長安寺の寺号が認められ、当地に移転したと伝えられています。寿老人のご利益は「長寿」

七福神_04_02

うわー、案の定、なんだか雲行きが怪しいと思っていたら……。

七福神_04_03

雪が降ってきました!! 東京は元旦から雪です(涙)。
ぼくがでかけると、たいてい天気が悪い……。

七福神_04_04

そんなこんなで、サクサクっと御朱印もいただいて急ぎます。

ここからは谷中霊園を抜けて天王寺に向かいます。
長安寺天王寺は、天王寺を先に行く人もいるようです。ここはお好みです。

毘沙門天 天王寺

住所:東京都台東区谷中7-14-8

ya01_01

毘沙門天を祀る天王寺は、庭先の大きな銅造釈迦如来坐像が印象的。江戸時代、富くじ興行が行われていたことから、目黒不動滝泉寺湯島天満宮の富くじとともに江戸三富と呼ばれていました。毘沙門天のご利益は「威光」

七福神_05_01

本堂に猫がー。この猫ちゃん、実はお寺の有名人。いや有名猫です。

七福神_05_02

天王寺は、とても綺麗なお寺さんです。お庭も綺麗だし、見どころ満載です。

七福神_05_03

毘沙門天は、本堂のほうではなく、横のお堂です。

七福神_05_04

はい、御朱印もいただきました。ちなみに天王寺さんはトイレも綺麗。女性の方はここでトイレに行くのがいいかもー。

大黒天 護国院

住所:東京都台東区上野公園10-18

ya01_01

大黒天を祀る護国院は、寛永寺の子院。天海の弟子生順が、釈迦堂の別当寺として開創。大黒天画像は徳川三代将軍家光から贈られたと伝えられています。大黒天のご利益は「富財」

七福神_06_01

七福神巡りもいよいよ佳境に!! あたりは上野の森です。

七福神_06_02

なかなか雰囲気のあるお寺さんです。

七福神_06_03

ここ護国院も御朱印は本堂の中でいただきます。

七福神_06_04

6つ目まで来ましたよー。いよいよあとひとつです!!
あと上野の山を下りながら不忍池を目指します。

弁財天 不忍池弁天堂

住所:東京都台東区上野公園2不忍池内

ya01_01

弁財天を祀る不忍池のほとり弁天堂は、寛永寺の伽藍のひとつ。竜泉弁天院を開基した備中松山城主の水谷伊勢守により建設されました。弁財天のご利益は「愛嬌」

ついにゴールの弁天堂……、うわ、メッチャ混み。

七福神_07_01

ここは無理もありません。七福神巡り、南からのスタート地点でもありますし、七福神巡りに関係なく、普通の参拝客もたくさんいます!!

七福神_07_02

しばらく並んで、やっと旗のところまでやってきました。

七福神_07_03

お参りは大変ですが、実は御朱印は本堂のふもとのこの白いテントのところで押印してくれます。御朱印、台紙の購入は、並ばずに直接白いテントに行きましょう。

七福神_07_04

というわけで最後の御朱印をいただき、無事に七福神巡りは完了です!!
やったー!! やりました。お寺の方に「ご苦労様です」って言ってもらえて感激です。
そっか巡礼は、ご苦労様です、なんですねー。

七福神_07_05

所用時間は2時間弱、歩数計は1万歩ぐらいでしたー。んー、天気がよければちょうどいい散歩という感じでお参りができますね。

というわけで、ぼくの七福神巡りは終了です。
みなさんもこのお正月は七福神巡りなんていかがでしょうか!! なんだか素敵な達成感が得られますよー。ぼく、病みつきになったかも。

■今回のルート
map


■今回紹介したスポット

東覚寺
ya01_01

青雲寺
ya02

修性院
ya03

長安寺
ya04

天王寺
ya05

護国院
ya06

不忍池弁天堂
ya07

いいね!と思ったらシェアしてね♪
関連するタグ
関連のあるおすすめ記事