みんなの投稿でつくる、楽しいを探すWebマガジン

t01

宝くじドリーム館でミニロトの抽選会を見てきました♪

2015.10.22

私、クアラの部下は、東京宝くじドリーム館に遊びに行って参りました!!

ここ東京宝くじドリーム館は、宝くじの歴史や仕組みがわかる資料館のほか、現在発売されている宝くじの抽選会が行われる施設なんです。

01

今回は、実際に自分で買ったミニロトの抽選を見に来ました!!

■所在地
 東京都中央区京橋2-5-7 日土地京橋ビル1F
■開館時間
 月・火・木・金曜日=10:00~19:30
 水曜日=10:00~19:00
 土曜日=10:00~18:00
■休館日
 日曜日、祝日
 (ただし、日曜日が祝日にあたる場合は翌日)
 年末年始(12月29日~1月3日)
 ※休館日が数字選択式宝くじの抽せん日にあたる場合、17時より開館いたします。
■入場料
 無料

どんなものが展示されているかというと……。

02

江戸時代の富くじをはじめとする資料の展示をまじえた、宝くじの歴史。

03

東京オリンピックの年に発売された宝くじや、大阪万博のころの宝くじといったものまで。

04

目で見る8億円の量、という展示もまた迫力でした。

05

1億円の札束と同等の重さを実際に感じることができる体験コーナーもあります。

06

その他、かつての宝くじの抽選方法から、現在の宝くじの抽選方法、発行の仕組み、実際の宝くじの内容について、宝くじに関することならなんでもわかる、興味深い内容の展示が豊富にあります。

そして時間がくると、その日に抽選される各種宝くじの抽選会が、同館のステージにて公開されるというイベントが待っています。

この日は、ミニロト、ナンバーズ3、4の抽選会を見ることができました。

07

こちらが公開ミニロト抽選会です。
抽選は、女性の進行の元、こんなに大きな抽選器に玉を入れて、ガランガランと機械で回しながらひとつひとつ抽選をしていきます。

なお抽選会には立会人として弁護士の方とみずほ銀行の方が参加され、正しく抽選会が執り行われるよう確認をしながら進めていきます。

抽選会は、本番の前にリハーサルが行われ(こちらも公開)、その後、ロトに使用する玉の計量、真円チェック、ナンバーズに使用する矢のチェックが行われます。

ミニロトの抽選が終わると、すぐにナンバーズの抽選へと進むわけですが、このとき舞台は回転し、裏からナンバーズの抽選器が出てくる仕組みになっています。

08

回ってます、回ってます。効率的ですね。

09

ナンバーズは、左の3つがナンバーズ3用のマト、右4つがナンバーズ4用のマトで、3、4の順に抽選が行われます。

ちなみに抽選方法は、女性が矢をセットしたのちルーレトを回します。しばらくして矢が放たれ、刺さった先の数字が当選番号となるという仕組みです。

いやー、こんな光景が見られるなんて初めてしりました。
この抽選会は、東京ドリーム館と、ときどき大阪ドリーム館でも行われていますが、ほぼ毎日、何かしらの抽選会が行われていますので、ぜひ一度見てみるといいかと。
なんだかちょっと楽しい気持ちになりました。実際に自分で購入した宝くじを持って行くと、さらに楽しいです。あ、外れましたけどね(笑)。

なお抽選会は、それぞれ宝くじの種類によって時間はことなりますが、ほとんど夕方からですので、仕事帰りに見に行くということも可能じゃないかと思います。

今回は、いい経験をしました~。ぜひまた宝くじを持って、遊びに行きたいと思います。

それでは、今日はこのへんで!!

いいね!と思ったらシェアしてね♪
関連するタグ
関連のあるおすすめ記事