みんなの投稿でつくる、楽しいを探すWebマガジン

クアラの部下、無料で楽しめる東京の資料館・博物館に行く

2015.10.16

クアラに部下ができました

みなさん、ご無沙汰です。

ぼく、FUNDULE編集部のクアラです。
もう忘れられちゃったかな!?

このたび、ぼくに部下ができたのでご報告♪

これからはFUNDULE編集部の公認レポーター「クアラの部下」くんが、ぼくに変わって写真の投稿を始めますのでよろしくお願いします。

クアラの部下くんを、サンドウィッチで勧誘しました♪

というわけで、今回は無料で楽しめる、かつ意外と知られていない東京の博物館・資料館に取材に行ってもらいました。

毎日の取材の様子は、クアラの部下くんがその日にFUNDULEに投稿しています。
今回は、そのまとめブログです。

両国花火資料館

まずは両国の駅から歩いて5分弱のここです!!

■所在地
 東京都墨田区両国二丁目10番8号
 住友不動産両国ビル1階
■開館日
 7・8月:毎日
 5・6・9・10月:木、金、土、日曜日
 11~4月:木、金、土曜日
■開館時間
 正午~午後4時まで

江戸の花火に関する資料を展示する、両国花火資料館。今の時期は週末のみの開館ですので気をつけて。場所は、両国回向院の隣り。へー、こんなところに花火の資料館があるんだーという驚きの両国花火資料館。知っていると、ちょっと自慢できるかも。

01

01

01

01

東京都水道歴史館

続いては、お茶の水は本郷にある、こちらの資料館。

■所在地
 東京都文京区本郷二丁目7番地1号
■休館日
 毎月第4月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)
 年末年始(12月28日~1月4日)
■開館時間
 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

東京都水道歴史館は、江戸~東京400年の水道の歴史と、水道の技術・設備に関わる展示を、無料で公開している東京都水道局PR館です。
江戸の町の興味深い水事情から、最新水道技術まで。豊富な展示資料が素敵です。

01

01

01

01

01

本郷水道公苑

東京都水道歴史館の裏手にある、洋風、和風の庭園。歴史館の展示として、江戸時代の神田上水の一部が公苑内に移築復原されています。

01

池波正太郎記念文庫

西浅草、台東区生涯学習センター内に設けられた資料館です。

■所在地
 東京都台東区西浅草3-25-16
 台東区生涯学習センター1階、台東区立中央図書館内
■休館日
 毎月、第3木曜日(館内整理日・祝日にあたる場合はその翌日)
 年末年始、特別整理期間
■開館時間
 月~土曜日 午前9時~午後8時
 日曜日・祝日 午前9時~午後5時

上野・浅草を故郷とする作家・池波正太郎に関する資料館です。誕生から平成2年亡くなるまでの詳細な年譜、収蔵する著作本のうち初刊本約700冊を展示、数々の名作が生まれた書斎を生前のままに復元、遺愛品 万年筆、パイプ、帽子など愛用品などを展示している常設の資料館です。

館内の写真が撮れないのが残念です。

01

01


こんなふうに、毎日クアラの部下くんが取材中です!!
ぜひFUNDULEのアプリのほうでもお楽しみください。

またクアラの部下くんをアプリ上で見かけたら、ぜひフォロー、コメントもよろしくお願いいたします。きっと、それをやりがいにあっちこっち駆け巡り、面白いネタを探してくると思います。

それでは、今週はこのへんで!!
よい週末を!!

いいね!と思ったらシェアしてね♪
関連するタグ
関連のあるおすすめ記事